1.必要なRPM-GPG-KEYを取得

rpm --import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

2.リポジトリ参照の設定を追加

vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo

―ここから―
[utterramblings]
name=Jason’s Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
―ここまで―

3.PHPのversionUPをする

yum update php

※PHPを指定しないとMySQLとか他のパッケージもアップグレードされますので注意

4.【2.】で追加したリポジトリ参照の設定を無効にする

vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo

―変更前―
enabled=1
―変更前―

―変更後―
enabled=0
―変更後―

5.Apacheの再起動

/etc/rc.d/init.d/httpd restart

6.phpinfoにてVersion確認(Apacheのドキュメントルートに保存)

vi phpinfo.php

―ここから―

―ここまで―

7.ブラウザにてhttp://ドメイン/phpinfo.phpへアクセスし
PHPのversionが5.2系である事を確認する。

8.phpinfo.phpの削除

rm phpinfo.php